タンパク質

ラム肉使用のキャットフード

猫は、肉食の動物ですから与える餌も肉類になります。
野菜や果物は一切食べさせてはいけません。
猫にとって野菜に含まれるソラニンが有毒物質であり、果物では、枝や葉それに種などに含まれている青酸配糖体が、猫の体内で青酸に変化します。
こうなると呼吸困難や虚脱、それに痙攣やチック症状に陥り、最悪の場合は死んでしまうかも知れません。
猫は、植物由来の食物を消化するための酵素を持っていませんので、間違えて与えてしまうと、上記のような有毒物質のないものでも消化不良を起こします。

猫の食べ物は、トラやライオンが食べるものと変わりはありません。
特徴的なのは、自分より小さな動物を捕食することにあります。
そして、食べ残したものには見向きもせず、その場から立ち去っていきます。
残り物は他の動物の餌になってしまいます。
人間が猫に与える餌は、こういった小動物の肉ではなく、大きな動物を調理加工されたキャットフードを与えています。
食餌に使用される肉には、ウサギ、七面鳥、鶏、ラム、マトン、鹿、豚、カンガルー、馬、牛などが使われています。
ラム肉とマトン肉は羊の肉ですが、ラム肉は、生後1年未満の羊でそれ以上のものはマトン肉と呼びます。
ラム肉は、仔羊ですから肉質も軟らかく猫に必要とされる成分を殆ど含んでいますが中には必要としないビタミンK等の物質もあります。
また、足りない物質としては、葉酸とヨード、それ以外にパントテン酸やニコチン、コリン、タウリンなどが考えられます。
こうした不足栄養素をラム肉に添加して、ラム肉キャットフードが作られています。

他の肉類も当然不足している栄養素がありますので、それぞれ必要な栄養素を添加して作られています。
ドライタイプのキャットフードだと、水分は別にとらせる必要がありますが、ソフトドライタイプの物にすれば別に水を与える必要はありません。
また、不足しがちな栄養素を与えるために余分に餌を与えることは、摂取過多となるものも含まれていることがありますので、キャットフードの袋などに書かれている成分表をよくご覧になってからにして下さい。